忍者ブログ

The Ropes~平成の常盤荘~代表三輪亮介のブログです。 ここでは日常で切り取った一枚の写真をもとに 日々の想いなどをつづりたいと思います。
03 2020/04 1 2 3 45 6 7 8 9 10 1112 13 14 15 16 17 1819 20 21 22 23 24 2526 27 28 29 30 05
RECENT ENTRY
RECENT COMMENT
[04/18 サン]
[01/30 RED☆]
[09/02 名無し]
[04/14 4月生まれの僕]
[01/06 みっちゃん]

04.06.23:24

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • 04/06/23:24

10.17.18:03

いろんな人が歌ってきたように

scramble.jpg

それでも今がいい…

ある日、後輩が言った。

「他人は自分の鏡だ」

会社の人間関係で悩んでいたとき、お母さんから教わった言葉だと言う。
彼女は少し抜けているというか、決して器用な方ではなかったけれど、言葉を受け止める純粋さだけは人一倍強かった。彼女はその言葉を信じて、自分の行動を見つめ直し、結果、会社での人間関係は良好なものになったという。
学生時代の彼女を知っている僕は、彼女の成長をうれしく思ったものだけど、今思えばそれは、「成長」とは少し違うものだったのかもしれない。

年を重ねるイメージとは、どんなものだろう。

たとえば、古くなった服を捨て、新しい服を着ると考えてみよう。
古くなったものをどんどん捨ててしまえる人は、きっと昨日よりも今日が楽しいのかもしれない。
一方で、明日が不安で、何も捨てずに重ね着をして行く人もいるかもしれない。
そして、いつか重くなって歩けなくなってしまったとき、初めて何かを捨てるのかもしれない。

年を重ねるということは、取捨選択を迫られていることなのだと、少し前の僕は思っていた。

でも、こんなのはどうだろう。

服は古くなると段々消えて行って、同時に新しい服が段々現れてくるイメージ。
だからといって何もせずに、自然と服が新しくなるわけじゃない。
そこにはその人の意志が介在していて、一歩一歩踏み出さないと、その変化は訪れない。
踏み出せば消え、生まれるのではなく、踏み出して消し、そして必ず生む。
そして、その服は、幾重の新陳代謝をくり返しながら、装飾をそぎ落とし、よりシンプルになっていく。

もしかしたら、辿りつく先は「裸の王様」なのかもしれない。
 

そろそろね 気づいてもいいだろう
すべては 自分だってことを
この目に映る すべてのことは

そろそろね 認めてもいいだろう
すべては 自分だってことを
真実も嘘も光も闇も

君はどうだい 僕はまだまださ

あの風の向こうで 手を振るのは誰
強くちぎれるほど
good bye and hello
どっちに見えるかは自分次第さ

『track.02 いろんな人が歌ってきたように』

●2012年10月17日(水)Release
ASKA NEW ALBUM『SCRAMBLE』
【収録曲】
01.UNI-VERSE(Album Mix)
02.いろんな人が歌ってきたように
03.朝をありがとう
04.L&R(Album Mix)
05.どんなことがあっても
06.SCRAMBLE
07.歌の中には不自由がない
08.あなたが泣くことはない
09.水ゆるく流れ
10.僕の来た道

PR

01.24.19:39

歌の中には不自由がない

3c960b49.jpg

『歌の中には不自由がない』
ASKA Release2012/01/21

突如、i-Tuneで配信となった今回の新曲。プロモーション皆無のリリースに、ファンも驚いているようです。
ただ、アーティストが書きたいときに歌を書いて、出したいときに出せるという意味では、とても現代に見合ったリリースの仕方であったと思います。そういうタイミングとか、ASKAは気にしてそうですよね。
歌詞カードがないのは、残念ですが。

先日のコンサートでは、さらにもう一曲『朝をありがとう』も披露したとか!
そろそろアルバムを期待してもいいのではないでしょうか!

さて、今回の曲を、kicksを彷彿とさせるASKAのロックミュージックだ!と叫んでいる人も多いようです。
「人には人のやり方がある」ってフレーズは、まさにアルバム「kicks」収録の『NOW』や『花は咲いたか』の歌詞に通じるものがあると思います。ギターのエッジの利かせ方とかも似ている気がします。
ただ、僕はやはり、近年ASKAが築いてきた独特のテンポと、70年代以降の日本の歌謡曲との融合を感じます。
新しいんだけど、懐かしい。
どこかにあったような気がするけど、実はどこにもない。
それがASKAの曲だと思います。

 

歌の中には不自由がない 夜でも朝にでもなれる
とうの昔に片付いたこと 何度も向かい合える

どこか人は終わりたい 今は何か消し去りたい
どんな孤独さえも 歌の中には不自由がない

今まで信じた事 これまで聞かされた話が
どれもこれも嘘だとしても 歌の中には不自由がない
 

「とうの昔に片付いたこと 何度も向かい合える」って行が、とても響きました。

12.16.01:22

『思い出すなら』

9eefd859.jpg

拭いきれない後悔がある。
何度も再生されるのに、決してやりなおせない。
何度も傷むのに、決して慣れることはない。

だからいつも、そのボタンを避けるように歩いている。

だけど、ときどき、不意に誰かが背中越しに駆け寄ってきて、僕の足もとのボタンを押してしまう。
記憶は人と繋がっているから、その人と繋がっている限り、ボタンは押され続ける。
僕は一人じゃ生きていけないから、きっとこれからもボタンは押され続けるんだと思う。

誰にでもこんなことの一つや二つ、あるんじゃないかな。
ない、と答えた人も、いつかは抱えるかもしれない。

もし、いつか、それも自分の一部だと受け入れることができたら、
そのときは自分でボタンを押せるようになるのだろうか。

それでも、きっと痛みは変わらないのだろうけれど…。
もし、思い出すなら、いったい僕は、どんな気分のときがいいんだろう…。



この曲を聴きながら、そんなことを考えさせられました。
思い出すなら ASKA 歌詞情報 - goo 音楽

12.01.00:49

一番遠回りな近道

P1000106.JPG

今日のこのときを、忘れることができないように、
やっぱり僕たちは、25年前の日のことを覚えている。

いつも、慌てずに、ゆっくりと歩いて行くことを勧められたけど、
きっと僕たちは、そのときその場所で、一番近い道を選んでいる。

たとえ、たとえ、それが遠回りに見えたとしても、
そこを歩いた人だけが答えることのできる、一番遠回りな近道だったはず。

僕たちの出会いには、僕たちの意味が生まれているはず。

今の自分を、本当に評価することができるのは、
未来の自分だけだと思うんだ。

2004年 CHAGE and ASKA 25周年記念ライヴ「熱風Live」ASKA/MCより

よく、「遠回りな人生だな」って思う僕にとっては、とても力強い言葉だった。
たくさんの偶然を拾い集めて形になったものが、今ここにあるとするなら、
それはきっと、この道を歩いてこなければ決して出来上らなかったものなんだよなって思う。

今まで無駄なことなんて何一つなかった、なんていう言い訳じゃなくて、
無駄な時期もあったよ、と認めてしまうくらい、今の自分を受け入れているってこと。

そして、今まで自分が選んで、歩んできた道を、
決して忘れていないということ。

それが大切なんだよなって思う。

いつか、今日のこのときを思い出して、
「これが、一番遠回りな近道だったよ」と、僕は僕に言えるだろうか。

11.18.01:23

ASKAニューアルバムは新曲1曲のみ??

0947e4dd.jpg

2011.12.07.Wed New Album Release
ASKA『BOOKEND』

POCS-22018¥2,800(tax-in)

【収録曲】
01.Love Is A Many-Splendored Thing
02.Have Yourself A Merry Little Christmas
03.Smile
04.Let It Snow! Let It Snow! Let It Snow!
05.The Christmas Song
06.世界にMerry X’mas
 
07.My Life 
08.思い出すなら 
09.Stardust 
10.Please 
11.What A Wonderful World 
12.Good Night

キターーーーー!!!!と叫びたいところですが、今回は少し事情が違います。
このアルバム、オリジナルの新曲は、8曲目の『思い出すなら』、この1曲しか収録されていません。
他、赤字の5曲は2年前に発売された『STANDARD』に既に収録されている曲。このブログでも2年前に紹介しました。そして僕はもちろん買いました。2000円で。10曲目の『Please』もASKAが昔、光GENJIに提供した楽曲で、自身でも既に何度もカバーを重ねているものです。ってことは、5曲が新しいカバー曲で、1曲がオリジナルの新曲。
これってアルバムって呼べるのか・・・。

まぁ、でも、おそらく買うのだと思います。
それくらいASKAの新曲1曲というのは、僕の中で価値があるのだと思います。

早く歌詞を読みたいです。

「思い出すなら…」

思い出すなら、僕はどこを思い出すんだろう。