忍者ブログ

The Ropes~平成の常盤荘~代表三輪亮介のブログです。 ここでは日常で切り取った一枚の写真をもとに 日々の想いなどをつづりたいと思います。
01 2020/02 12 3 4 5 6 7 89 10 11 12 13 14 1516 17 18 19 20 21 2223 24 25 26 27 28 29 03
RECENT ENTRY
RECENT COMMENT
[04/18 サン]
[01/30 RED☆]
[09/02 名無し]
[04/14 4月生まれの僕]
[01/06 みっちゃん]

02.21.05:39

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • 02/21/05:39

04.15.12:27

けれど空は青

みんなで同じようなことをしても

君ひとりだけ

いつも先生に指をさされていてね
 


みんながサッカーボールを追いかけ始めたとき

君ひとりだけ

トランペットを鳴らしていて


 
みんなでディズニーランドに行ったとき

君ひとりだけ

足の骨を折って行けなかった
 


そういえば

みんなが同じ中学校に上がるときだって

君ひとりだけ

隣町に引っ越してしまったっけ
 


思えばいつも

僕らはみんな 同じ電車に乗っていたけど

君ひとりだけ

途中で降りてしまったり

戻ってくるときはいつも

傷だらけになって乗り込んできた
 


君はいつもどこか

ここではないどこかを目指していて

いつも僕の

11ヶ月先を生きていた
 


そんな君に憧れて

何度も僕は途中下車を繰り返してみた

いろんな場所に行って いろんな人に会って

そうして旅から戻ってみると

僕ひとりだけ

みんなから取り残されてしまっていてね

そんなとき

君ひとりだけ

僕の隣で静かに影を伸ばしてくれたっけな


 
だから僕は 夕暮れが嫌いじゃないんだよ
 




ねぇ 
 


本当は君の影が眩しかったんだよ
 



いいことも わるいことも

「君ひとりだけ」が多すぎて

きっと神様が

何か君に特別に与えているとしか思えないくらい

君は特別な存在


 
時折 足元が覚束なくても

歩いてきたでしょう

自分なりのまっすぐで
 


時折 誰かに裏切られても

それでもまた人を信じて生きているでしょう

自分なりのまっすぐで
 


僕らはいつでも胸を張って生きることは

難しかったかもしれないけれど

胸を張って振り返ることができる

時間があること 道があること
 


それは他の誰にも塗り替えることのできない空

君だけの空 君ひとりだけの空

たとえ長い嵐の夜が君の胸の中にあっても

もしも涙で瞼閉じても

けれど空は 空は青
 


Dear my close friend

Happy Birthday



PR
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら