忍者ブログ

The Ropes~平成の常盤荘~代表三輪亮介のブログです。 ここでは日常で切り取った一枚の写真をもとに 日々の想いなどをつづりたいと思います。
06 2020/07 1 2 3 45 6 7 8 9 10 1112 13 14 15 16 17 1819 20 21 22 23 24 2526 27 28 29 30 31 08
RECENT ENTRY
RECENT COMMENT
[04/18 サン]
[01/30 RED☆]
[09/02 名無し]
[04/14 4月生まれの僕]
[01/06 みっちゃん]

07.09.12:54

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • 07/09/12:54

02.19.05:27

「想いは届いただろうか」

「想いは届いただろうか」


 

いつもそればかり思っている。

他に思うことはない。

 

野田市岩名中学校で毎年行われている、「社会人に学ぶ(中1対象)」の授業に、講師として呼ばれるようになって数年が経つ。

ありがたいとことに、毎年、丁寧に生徒一人一人の「感想文」を添えてお礼状を送ってくださる。

僕にとってその「感想文」が、授業の出来がどうだったかの「答え合わせ」の役割を担っている。語られている言葉が定型文の域を出なければ、残念ながら僕の授業はその子の中に残らなかったのだろう。逆に、語る言葉は持たなくても、その筆跡や字足らずの中に、想いが溢れていることもある。

もっとも多い感想文の形は、僕が投げた言葉の中で、特に印象に残ったものを引用しているものだ。その言葉を聞いた瞬間から、日々の生活に変化があったというものだ。そこには様々な「残響」が見て取れる。


そして、僕は、ちょっと嬉しい音で、手紙をしまう。


想いが届いた音だ。



 

当日の教室を目の前に再現してみる。


投げかける言葉が加速していく。熱を帯びていく。

用意していた言葉を音読しても、伝わらない。

人が話す言葉には血が通っていなくてはならない。

なぜなら、活字を読むだけでは手に入れられない「何か」がそこに在るからだ。


 

彼ら彼女たちの一人も、僕から一時も目を逸らさない。

「届け」「響け」と幾つもボールを投げる。

多すぎても、少なすぎてもいけない。

コーヒーに注ぐミルクみたいに、見合った量を。



 

響き合って、混ざり合う。

空に描かれた雲を見上げながら

僕は、もっと嬉しい音で、自転車を漕ぐ。

PR
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら