忍者ブログ

The Ropes~平成の常盤荘~代表三輪亮介のブログです。 ここでは日常で切り取った一枚の写真をもとに 日々の想いなどをつづりたいと思います。
06 2020/07 1 2 3 45 6 7 8 9 10 1112 13 14 15 16 17 1819 20 21 22 23 24 2526 27 28 29 30 31 08
RECENT ENTRY
RECENT COMMENT
[04/18 サン]
[01/30 RED☆]
[09/02 名無し]
[04/14 4月生まれの僕]
[01/06 みっちゃん]

07.09.13:34

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • 07/09/13:34

10.06.16:31

Close Friend

b1f838fa.JPG 

Close Friend

来週、1人の親友が結婚する。
彼とは小学校の頃からの付き合いで、今でも児童センターミュージカルで一緒に活動をしている。そんな彼から、結婚式の2次会でライブをやりたいとの打診があった。

曲目は「Close Friend(=親友)」
僕らが20歳になるときに、ある女友だちへ贈った曲だ。彼と、僕と、もう一人の友だちと、3人で一緒に、作詞・作曲をしたもの。

部屋の片隅から、くたびれた歌詞カードを見つける。デモテープは見つからなかったけど、メロディーは頭の中に入っている。チューニングのずれたアコースティックギターを抱えて、Cコードを響かせる。柔らかくなった指が、弦にめり込んで痛い。8拍ほどゆっくり響きを確認すると、8年前のメロディーがすぐに頭の中に再生される。そのまま歌い出しのメロディーと歌詞が、今の僕の口から流れ出る。キーはかなり高い。あの頃出た歌声が、今は出ない。年を重ねる度に、歌えなくなる歌が増えて行く。

不安を抱えたまま、スタジオでのリハーサルに入る。久しぶりに揃う3人。重なる声。
「大丈夫。歌える。」
この曲を1人で歌うことはない。
あの頃も、今も。

随分、曲を作ったものだったけど、今でも恥ずかし気なく歌える曲は少ない。
歌詞とメロディーと歌声が、スタジオの空気をあの頃の3人に帰していく。

いろんなことを一身に感じていた、まさに、あのとき。
20歳になるという、大人になるという一つの変化に、僕らは激しく揺れ、そして同時に、その先の光を強く強く求めていた。

あの頃描いた未来と重ならない今がある。
それでも、ひとつ、変わらないことは、8年後の今も、この曲を3人で歌えるということ。
それがなによりも幸せなことのように思えた。
 

この空すべてが大きな紙で この海すべてがインクでも
僕らの気持ちは伝えきれないだろう

片手じゃなんだかもの足りなくて 両手じゃなんだかすくいきれない
結局いつもの君の手が 僕らにとって必要なんだよ

Close Friend
PR
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら