忍者ブログ

The Ropes~平成の常盤荘~代表三輪亮介のブログです。 ここでは日常で切り取った一枚の写真をもとに 日々の想いなどをつづりたいと思います。
06 2020/07 1 2 3 45 6 7 8 9 10 1112 13 14 15 16 17 1819 20 21 22 23 24 2526 27 28 29 30 31 08
RECENT ENTRY
RECENT COMMENT
[04/18 サン]
[01/30 RED☆]
[09/02 名無し]
[04/14 4月生まれの僕]
[01/06 みっちゃん]

07.09.14:11

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • 07/09/14:11

12.05.21:17

「自然な家」

20121202.JPG

12月2日(日)、大学時代の同期が結婚した。
同じ英語サークルの中でも、彼女はスピーチセミナーで、僕はドラマセミナー。互いに情熱を傾けたものは違っていたけど、抱えていた問題も、覚悟を決めた時期も、辞めようか迷った時期も、そして吸っていた空気もきっと同じだった。それが「同期」というものだと思う。
スピーチセミナーの結婚ということで、2次会に集まった顔ぶれは、いつもとは少し違っていて、それはそれで新鮮で面白かった。セミナーごとに「色」というのがあって、僕らの代のスピーチセミナーは、どちらかというと穏やかで優しい奴らが多い。そのせいか、現役時代から僕はどこか、彼ら彼女たちに救われている気がする。
彼女が選んだ男性は、大学時代から今もハンドボールをやっていると聞いていたので、もっと体育会系の人かと思ったら、2次会の終わりの方では号泣、号泣で、進行が遅れるほど泣いていた(笑)言葉にならない言葉を一つずつゆっくり選び、それを「大丈夫、大丈夫」とゆっくり頷きながら待つ彼女。その数分間のやり取りの中に、2人の歴史がある。
 
積み重ねたものは、とても“自然”だ。
それは「家」に似ている。新築のときは、周りから浮いて見えるのに、時間が経つにつれて周りの景色にだんだん溶け込んでゆく。ときに嵐に会うかもしれない。幾多の傷を受けるかもしれない。けれど、その傷が、庭のバラが、犬の鳴き声が、子どもの笑い声が、それがそこに在り続けた証となってゆく。
 
2人はどんな家に住むのだろう。
そして、どんな家を築くのだろう。
きっと、とても“自然な家”であるに違いない。
PR
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら