忍者ブログ

The Ropes~平成の常盤荘~代表三輪亮介のブログです。 ここでは日常で切り取った一枚の写真をもとに 日々の想いなどをつづりたいと思います。
06 2020/07 1 2 3 45 6 7 8 9 10 1112 13 14 15 16 17 1819 20 21 22 23 24 2526 27 28 29 30 31 08
RECENT ENTRY
RECENT COMMENT
[04/18 サン]
[01/30 RED☆]
[09/02 名無し]
[04/14 4月生まれの僕]
[01/06 みっちゃん]

07.09.13:50

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • 07/09/13:50

07.12.00:50

リンダリンダ

7347a521.jpeg

KOKAMI@network vol.11
『リンダリンダ』作・演出:鴻上尚史
CAST:松岡充、伊礼彼方、星野真理、丸尾丸一郎、高橋由美子、大高洋夫ほか
公式ホームページ


「夢を見る時期を過ぎても、夢を見続けたいとあがく人達の姿は、
 愚かで滑稽で、そして格好良い」(鴻上尚史)


紀伊國屋サザンシアターにて、『リンダリンダ』を観てきました。全編に渡り、「ザ・ブルーハーツ」の名曲が並び、興奮しっぱなしでした。
今日のお客さんの雰囲気は比較的大人しくて、立ち上がったり、一緒に歌ったりするのはアウトなのかな~とか遠慮してたんですが、最後の『リンダリンダ』は、もう我慢できなくて、1回目のサビに入る直前で、最前列まで1人で走っていき、叫びました!!!!学生時代のノリで飛び跳ねながら歌っていると、なんと、そんな僕に松岡さんが応えてくれました!!いや、マヂです!!!すっごい近かったから!!!間違いない!!!!
役者さんも演技上手いし、演出も凝っているんだけど、それを口説くなりすぎないようにサラッと見せてくれる。さすが、鴻上さん!!!


もうそろそろ、僕らの世代が叫ぶ番じゃないだろうか。

劇の随所に、60年代70年代の学生運動、資本主義が作り上げた原発問題などが散りばめられていました。それは最近、僕がやたらと友人たちと話している、「各世代による時代の受け渡し」の片鱗のように思えました。つまり、上の世代が僕らの世代に、「時代」を語ってくれている感じがするのです。自分たちが生きた時代、失敗、そして現在に繋いだ何かを、下の世代、つまり僕らの世代に伝えてくれているのではないか。
じゃあ、僕たちは果してその叫びをキャッチできているか、また、僕たちは自分たちが生きた90年代を下の世代に語り継いでいけるようにきちんと「時代」として捉えているか。下を向いていないか。
「夢を見る時期を過ぎても、夢を見続ける素晴らしさ」を、僕らはもう知っているはずなのに、それを叫んでいるのは僕らの世代ではなく、やはりまだ上の世代の方々だということに、少しばかりの悔しさを持たなくてはいけないんじゃないだろうか。

先輩達がこれまでになく歩み寄ってくれている今、それを感じている人は、一体どれくらいいるんだろう。

PR
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら