忍者ブログ

The Ropes~平成の常盤荘~代表三輪亮介のブログです。 ここでは日常で切り取った一枚の写真をもとに 日々の想いなどをつづりたいと思います。
06 2020/07 1 2 3 45 6 7 8 9 10 1112 13 14 15 16 17 1819 20 21 22 23 24 2526 27 28 29 30 31 08
RECENT ENTRY
RECENT COMMENT
[04/18 サン]
[01/30 RED☆]
[09/02 名無し]
[04/14 4月生まれの僕]
[01/06 みっちゃん]

07.09.14:51

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • 07/09/14:51

10.02.07:47

パフ⑩

20120928.JPG

もう一度、考えてみよう。
僕だけじゃなく、みんなで。


2012年3月に公演した『PUFF the Magic DRAGON~きみにあえて、うれしい。~』
その11月公演に向けての練習が、今週の日曜から開始しました。
久しぶりに会うと、子ども達の身長が大きくなっていてビックリ!子ども達の中で流れる時間と、僕の中で流れる時間とは、本当に公平な速さで流れているのでしょうか。真剣に疑いたくなります(笑)
さて、11月公演は学校行事や中学校進学などが重なり、3月公演よりも参加人数がどうしても減ってしまう傾向があります。その分、台詞の量が増える子どもも多く、しかも、練習量がたった1カ月(全4回)というタイトスケジュール!会場自体も変わるので、スタッフ側も照明の演出を変えたり、業者との打ち合わせなども必須となってきます。そのため、11月公演は、スタッフにとっても子ども達にとっても、非常に厳しい公演となります。
悲観的なことばかり挙げてしまいましたが、大きなメリットもあります。市民体育館で行う3月とは違って、11月は本格的な施設で出来るので、照明・音響が充実し、衣装や舞台装置もより映えるようになります。そして何より、そこで演技をすることは、子ども達にとって格別なものとして残るようです。

練習が始まって、僕が一番気をつけなくちゃいけないことってなんだろう。

それはたぶん、「気持ち」。

「精神論だけじゃダメだ」って、学生時代の僕はよく思っていたけれど、
最近は、「気持ちがなくちゃダメだ」って思う。

それは全員に必要なもの。

全員が強く抱けているか。願っているか。

劇の中身とは、何だろう。
スクリプト?ディレクション?
お客さんが「見るもの」と「感じるもの」は、果して同じだろうか。

もう一度、考えてみよう。

僕だけじゃなく、みんなで。
PR
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら