忍者ブログ

The Ropes~平成の常盤荘~代表三輪亮介のブログです。 ここでは日常で切り取った一枚の写真をもとに 日々の想いなどをつづりたいと思います。
06 2020/07 1 2 3 45 6 7 8 9 10 1112 13 14 15 16 17 1819 20 21 22 23 24 2526 27 28 29 30 31 08
RECENT ENTRY
RECENT COMMENT
[04/18 サン]
[01/30 RED☆]
[09/02 名無し]
[04/14 4月生まれの僕]
[01/06 みっちゃん]

07.09.14:22

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • 07/09/14:22

12.17.10:26

Heart's Knock②

967c3b8b.jpg

下描き完了

4部作として構想している「いつか僕らがグレーになる頃に」。その第3弾・赤の章『Heart's Knock』の下描きが、昨夜完成しました。今日からペン入れです。
前作、黄の章『ひまわり』が受賞した関係で、今回は担当編集者の方に見て頂きながら進めてきました。ネームの段階で、没&リテイク…本編36ページのところ、70ページ以上は描いたんじゃないかなぁ(^_^;)苦労した分、愛着ある作品になりそうです。

―等身大の言葉

赤の章では、登場人物の年齢がぐっと上がります。主人公の大輔が22歳~25歳~28歳と変化していくし、メインキャストにおばあちゃんを置いたことで、会話が従来よりも無理なく、等身大の言葉になったような気がします。大人を主人公にした作品としては、22歳のときに描いた『はね』(2005年週刊少年マガジン奨励賞受賞)以来になります。今思えば、少年誌に投稿する内容ではなかったかもしれないですね(笑)

―22歳のまま、空を歩いて行った彼女へ

テーマは、無意識に『はね』と重なった。
僕が21歳のとき、小学校からの旧友が22歳のまま空に歩いて行った。それを受けて、自分なりに感じたことを形にしたかった。それが『はね』。

「どんなに現状に絶望しても、それでも生きていけるのはなぜだろう・・・」
それはきっと、大切な誰かがそばにいてくれるから。
「こいつがいれば、どんな未来だってきっと僕は生きていける―」
そんなしめくくりだった。

あれから6年が経っても、彼女のことを忘れることはない。消せない電話帳。2月になると思い出す、親友からの一本の電話。ちょうどミュージカルの舞台背景を描いていたとき。筆を持った左手が震えてた。
今でも思い出すと痛む、胸の音・・・。それがまさに、今回の『Heart's Knock』というタイトルを決めた。

記憶は薄れる、と人は言う。正確に言えば、人はすべてを記憶することはできても、思い出す作業を怠ると、徐々に引き出すことが困難になるということ。
僕には忘れたくないことがたくさんある。ノスタルジックとか、回顧的だとか言われようが、振り返らずにはいられない。いや、ちゃんと振り返りたい。現状に不満があって、あるときふと思い出して、「あの頃はよかった」というような、都合良く美化された過去じゃない(そういう時期もあったけど)。リアルタイムでそのとき、この一瞬を忘れたくない!と強く感じたもの、こと。それがたくさんある。

21歳のとき、感じられなかったものが、確かにここにある。

少しでも、想いが伝わりますように…。
PR
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら