忍者ブログ

The Ropes~平成の常盤荘~代表三輪亮介のブログです。 ここでは日常で切り取った一枚の写真をもとに 日々の想いなどをつづりたいと思います。
06 2020/07 1 2 3 45 6 7 8 9 10 1112 13 14 15 16 17 1819 20 21 22 23 24 2526 27 28 29 30 31 08
RECENT ENTRY
RECENT COMMENT
[04/18 サン]
[01/30 RED☆]
[09/02 名無し]
[04/14 4月生まれの僕]
[01/06 みっちゃん]

07.09.14:57

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • 07/09/14:57

06.12.01:43

あたたかい雪③

dd5b7663.jpg
ペン入れ完了

いつもより時間がかかってしまいました。背景を凝り過ぎてしまったのが、原因だと思います(~_~;)

昔から、風景を描くのが好きでした。小学6年の写生のとき、廊下の階段に座って、窓からの家並みをひたすら描いていた記憶があります。みんながコスモスや橋など、構図を取りやすいモチーフを選んでいたのに対して、一人、窓から見えるただの風景を選びました。
毎日、下校のとき、昇降口に向かって階段を下りて行くと、そこで思わず、駆け足をゆるめる。階段に向けられた視線を、水平まで戻す。止まる。一瞬。眼前から遠くまで続く家並み。夕焼けに染まった一色の風景。
そしてまた、友だちを追いかけて階段を駆け下りて行く。

夕焼けのシーンを描いているとき、ふと、あのときのことが思い浮かびました。マンガだから、もちろん白黒の画面なんだけど、部屋の窓からの夕陽が、原稿を染めていたからかもしれません。

7fdbd3df.jpg
「たとえば、一年間で自分がなしたことを考える。そのたった80倍のことしかできない。
一生はせいぜい三万日だ。たったの千カ月だ。
病気や事故で、もっと短くなる可能性もかなり高い。
生きていても、なにもできない時間や期間があるだろう。
いったい、自分は何ができるのか?」
「子供なのに、そんなことを考えました?」
「僕は考えた。もう、そればかりを考えていたよ」

―森博嗣『λに歯がない』より―
 
最近、時間が惜しくてしょうがない。残された時間は、あまりにも少ない。
20代のときにできることと、30代でできることは違うだろう。それは体力的なこともあるし、感受性に影響されるものもあるだろう。今、頑張りどきな気がする(>_<)

僕の場合、何かを成すことが、重要なんじゃない。それは目安でしかない。
生きている実感を、得ることが大切なのだと思う。たとえば、40歳のときに20代の頃、何を想って生きていたか忘れていたくない。連続性を感じたい。自分の人生の中で、何に情熱を傾けてきたか。この3年は、それをまた一から築く時間だったような気がする。
PR
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら