忍者ブログ

The Ropes~平成の常盤荘~代表三輪亮介のブログです。 ここでは日常で切り取った一枚の写真をもとに 日々の想いなどをつづりたいと思います。
06 2020/07 1 2 3 45 6 7 8 9 10 1112 13 14 15 16 17 1819 20 21 22 23 24 2526 27 28 29 30 31 08
RECENT ENTRY
RECENT COMMENT
[04/18 サン]
[01/30 RED☆]
[09/02 名無し]
[04/14 4月生まれの僕]
[01/06 みっちゃん]

07.09.13:26

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • 07/09/13:26

02.11.20:44

ASKA『12』!すげーです!

ASKA12.jpg

Happy Valentine
ASKA『12』

01.LOVE SONG
02.風のライオン
03.はじまりはいつも雨
04.WALK
05.PRIDE
06.恋人はワイン色
07.伝わりますか
08.月が近づけば少しはましだろう
09.DO YA DO
10.天気予報の恋人
11.君が愛を語れ
12.お・や・す・み

さっき買ってきちゃいました!ポスターとかはありませんでしたが、グリーティングカードが付いてきました(写真上)。
いやー、これすごいですね。なんかセルフカヴァーというと『STAMP』みたいな、原曲とかけ離れたアレンジを想像していたんですが、全然違いました。個人的な感想ですが、元のCHAGE&ASKAの歌い方を踏襲することをかなり意識して作られたような気がします。近年のアレンジは高音が出にくくなったASKAの声に合わせて、ボソボソっと歌ったり、呟くように歌ったり・・・CHAGE&ASKAの壮大なイメージ曲を身近に感じるようなアレンジが多く、僕はそれはそれでとても好きだったのですが、今回は・・・

声を張る張る!通る通る!声が出にくくなったなんてとんでもない!!

ASKAの圧倒的な声量を活かしながら、原曲のインプレッシブなメロディーをつぶすことなく、現代のビートを心地よく加えられたような感じ。彼らの曲ってよく「ミディアムバラード」って呼ばれるあたりからして、わりとゆっくりしていたり、間が長すぎると感じる人って多いと思うんです。勿論、90年代はそれを感じなかったわけですが、HIP HOP全盛の現代ではそんな意見も少なくない。
その点で、昨今のアレンジはそのビートにひとつの特徴があるような気がします。
まぁ、小難しいことよりも聴いてみるのが一番です!

どの曲も本当に大好きな曲なので、1曲Pick Upするのは難しいですが、。
今回は1曲目、ど真ん中のこの曲で!!


恋が歌になろうとしている
ボタンがわり 愛をつないで

君が想うよりも 僕は君が好き
PR
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら