忍者ブログ

The Ropes~平成の常盤荘~代表三輪亮介のブログです。 ここでは日常で切り取った一枚の写真をもとに 日々の想いなどをつづりたいと思います。
06 2020/07 1 2 3 45 6 7 8 9 10 1112 13 14 15 16 17 1819 20 21 22 23 24 2526 27 28 29 30 31 08
RECENT ENTRY
RECENT COMMENT
[04/18 サン]
[01/30 RED☆]
[09/02 名無し]
[04/14 4月生まれの僕]
[01/06 みっちゃん]

07.09.12:58

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • 07/09/12:58

08.29.00:04

夜のわくわくドキドキ体験2013

1377524113212_20130828235647888.jpg

楽しい場所を探すんじゃなくて、

楽しい場所を作れる俺たちであろう。

 
8月25日 (日)
児童センターが主催する「夜のわくわくドキドキ体験2013」が無事執り行われた。
青年スタッフが中心となって、企画運営を任されてから、今年で3年目になる。
50人の子ども達を、20人ほどのスタッフで5時間企画を通すのは、かなりハードルが高い。
ましてや、素人がたった3回の全体MTGでクオリティを高めるのは、至難の業だ。
 
知らない人同士が集まって、知らない子ども達を楽しませる。
初対面の子ども同士のコミュニケーションを促進させる。
5時間の中で、子どもにそれを求める。
 
ならば、僕らは3日間の、12時間のMTGの中で、どれくらい近づけただろう。
どれくらい本気で向き合えただろう。
初めて会う子ども同士が、恥ずかしげなく、臆することなく、声を出せる場所を、空気を、果たして、大人の僕ら自身は作り出せているだろうか。
そう考えてみる。
 
いつも子どもを相手にするとき、まず僕はそこを起点に考える。
そして、それをスタッフに投げかける。
すると、前ばかり向いていた視線が、横にいる仲間へとスライドする。
そこが、「はじまり」なのだ。
 
バラバラだった気温は、1人1人の体温が上がることで、ある一定の気温を生み出す。
それらの「熱」が、そのまま僕らの「空気」になる。
 
空気がきれいだと気持ちがいい。気持ちがいいと笑顔になる。
3年目の「空気」は、そこにいる全員の笑顔がはじけ飛ぶくらい、最高に気持ちのいいものになった。
安全面・時間配分・準備万端で完璧だったカレー作り、
子ども達からアンコールが出るほどのゲームの盛り上がり、
固唾を飲んで聞き入っていたオリジナルの怖い話、
時間管理という最大の課題をクリアした肝試し、
はじけんばかりの笑顔と、歓声が、夜の体育館に響き渡った。
 
何よりもうれしかったのは、子ども達の笑顔はもちろん、スタッフの笑顔だった。
それは、一生懸命準備したからこその当日の意気込みであり、達成感であり、
スタッフ1人1人への信頼感があるからこそ分かち合える、喜びだったはずだ。
 
打ち上げの参加率、オールの参加率も、昨年を上回った。
ゆっくりと話をしてみると、僕らはお互いのことをまだ何も知らなかったのだなと、改めて気づかされる。でも、夜が更けていくにつれて、深まっていくスタッフの姿を見て、
ここも「はじまり」なんだとも、思った。
 
楽しい場所を探すんじゃなくて、
楽しい場所を作れる俺たちであろう。
 
いきがっていた昔のセリフを、今の僕で、もう一度言いたくなった。
PR
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

無題

すごい! すごい! 参加した若者子供たちのワクワクが伝わって、私もワクワクしてきました。ありがとう~

Re:無題
キャットさん

ありがとうございます!!
ほんと、みなさんのおかげです!ぼちぼち、若者パワーに驚く側になってきてしまいました(笑)
ま〜、まだまだ僕も若いつもりではいるんですが(>。<)!
2013/09/08 22:04

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら