忍者ブログ

The Ropes~平成の常盤荘~代表三輪亮介のブログです。 ここでは日常で切り取った一枚の写真をもとに 日々の想いなどをつづりたいと思います。
06 2020/07 1 2 3 45 6 7 8 9 10 1112 13 14 15 16 17 1819 20 21 22 23 24 2526 27 28 29 30 31 08
RECENT ENTRY
RECENT COMMENT
[04/18 サン]
[01/30 RED☆]
[09/02 名無し]
[04/14 4月生まれの僕]
[01/06 みっちゃん]

07.09.13:06

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • 07/09/13:06

03.19.00:33

パフ、終焉。

本日、『PUFF the Magic DRAGON~きみにあえて、うれしい。~』が、無事、終焉を迎えることができました。
参加者を始め、協力してくれた方々、そして今日、観に来てくれた人達。
ぜんぶぜんぶ、みんなのおかげです。
本当にありがとうございました<m(__)m>pekopeko

うれしいことがたくさんありました。
まず、いつも欠かさず観に来てくれる人、久しぶりの友人たち。
教育実習時代の生徒や、会社時代の営業先でお世話になった方が、遥々遠方から足を運んでくださったこと。
卒業生たちが、「再来年戻ってきます」と言ってくれたこと。
大学生たちがウェルカムミュージックで、オケを披露してくれたこと。
小さい子たちが、僕の強面に慣れてきてくれたこと。
泣いてくれたこと。笑ってくれたこと。
数え切れなくて、数じゃなくて、風みたいだった。

もちろん、反省すべき点はたくさんあるので、11月の再演に向けて、また頑張りたいと思います。

ベストを尽くせ!
それが「出会い」を「奇跡」に変える力だ!

台本が出来上がってから、劇中のこの台詞をずっと考えていました。
ベストを尽くすことで、「出会い」が「奇跡」に変わるって、一体どういうことなんだろう。
紘子さんは、何を想ってこの台詞を書いたんだろう。
それは、必然的にそこにあるものなのに、なんて呼んだらいいか僕は知らなかったんです。
でも、その答は、既に台本の一番最初に記されていたんです。

物語の主人公ケンタは、パフために、勇敢に敵に立ち向かい、ベストを尽くします。
それに対して、パフは台詞はこう続きます。
「ありがとう、ケンタ。僕のために…。君にあえて、本当に嬉しいよ。」

―きみにあえて、うれしい。

この台本のサブタイトルです。
そう思える瞬間に、ただの「出会い」が、ただの「出会い」じゃなくなるんです。
出会った誰かのために、ベストを尽くす。
その互いの確固たる信頼関係が、大きな力となって、きっと「奇跡」は生まれるんだと思います。

「奇跡」なんて言葉、アニメの世界だけだと思うかもしれないけど、
そんなことないんです。

だって、毎年、ここでは奇跡が起きているんだから。

きみたちにあえて、うれしい。

そう、思えるんだから。

 

きみたちにあえて、うれしい。

PR
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

お疲れ様でした

素敵なミュージカルでした(^^)vスタッフはじめちっちゃか隊ママたちまでが一体となって作り上げたからこそ感動も大きかったです。毎回の練習の円陣でのミーワの言葉も素敵でした。小さな子どもたちにもきっと届いていたと思います。本当にお疲れ様でした。PS、バボちゃんとの愛の結晶のドラゴンは迫力抜群でした。ミュージカルから帰宅した夜はミーワのバックの絵やドラゴンが我が家での話題になりました。

  • 2012年03月20日火
  • 麻衣ママ
  • 編集
Re:お疲れ様でした
麻衣ママさん

こちらこそ、ありがとうございました!!
そして、おつかれさまでした。

おっしゃる通り!今回は新しいメンバーが多く入ってきたのにも関わらず、一際、ちっちゃか隊ママさん達はじめ、スタッフ間の一体感が強かった気がします。若者たちも、大活躍で!!Greatful welcomemusic!参加者が楽しんでやってくれたことが、なによりもよかったなって思います。

ドラゴンも背景も、思い入れが強いので、そういってもらえて感激です!
11月も微力ながら、参加していきたいと思いますので、これからもよろしくです!
2012/03/20 15:39

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら