忍者ブログ

The Ropes~平成の常盤荘~代表三輪亮介のブログです。 ここでは日常で切り取った一枚の写真をもとに 日々の想いなどをつづりたいと思います。
06 2020/07 1 2 3 45 6 7 8 9 10 1112 13 14 15 16 17 1819 20 21 22 23 24 2526 27 28 29 30 31 08
RECENT ENTRY
RECENT COMMENT
[04/18 サン]
[01/30 RED☆]
[09/02 名無し]
[04/14 4月生まれの僕]
[01/06 みっちゃん]

07.09.13:59

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • 07/09/13:59

06.26.22:06

トマトは好きですか?

0a7beebb.JPG 

シシリアンルージュ

現在、トマトに革命が起こっている…らしい。
この度、パイオニア エコサイエンス株式会社が主催する『トマトパーティー』(勝手に命名)に行ってきました。

簡単に言うと、同社商品のプロモーションの一環で、ライブを鑑賞しながらトマト料理を食べられるというもの。
ミュージカルで音楽チームを担当している方々を中心にバンドが組まれており、そのワンマンライブ、プライベートライブなるものにお邪魔してきたのです。場所は我孫子南口から徒歩1分、けやきビル11階にある「ムッターランド」。景色がいいんですよ。そんなに広くはないのですが、ガラス張りだから夕陽や夜景もキレイそう。あいにく今日は曇りでしたが…。

4262bc01.JPG6c2ac8bb.JPG
一口にトマトと言っても、色々ありまして、馴染み深いミニトマトに似た色・形の「ピッコラルージュ」(写真左)やオレンジが特徴の「ピッコラカナリア」(写真右)。僕はこの「ピッコラカナリア」がおいしかったです。
62571a24.JPG

生よりも、加熱調理した方が、よりうま味が出るのが特徴だそうです。
それを「高糖濃度」とか言うんだとか。。。とにかく、トマト料理のオンパレードで、改めてトマトの奥深さを感じた1日でした。気になるかたはホームページがあるようなので覗いてみてください。結構テレビとかでも取り上げられてるみたいですね。
マウロの地中海トマト http://www.sicilian-rouge.com/


パッション・パッション・パッション
b4e749f5.JPG33e859a3.JPG
トマト料理に負けない、いや、メインだったのはこのライブでしょう。
キーボード3人、ベース、ギター兼ヴォーカル、ドラムス、そして3人の女性ヴォーカリストによる重厚感あるサウンドは圧巻でした。Stevie Wonderの名曲『I Just Called To Say I Love You』のアレンジも素敵でした。後半はパッション・パッション・パッションと演奏者もアゲアゲで、同席していたミュージカルの方は「懐かしい~」と胸キュンキュンしていました。素敵な時間をありがとうございました。
84644474.JPG
このバンドは7月24日の柏祭りでもライブを行うみたいですよ!!
いや~、なんか久しぶりにこういうの行ったかもしれません。絵ばっか描いてないで、たまには外に出るのも大事です。本当に。ワイン、おいしかった!!
PR
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

トマトだらけ・・・!!

おう~
早くもブログにトマトが。
こんなにいい写真をいろいろ撮ってたのね。

は~い、すてきな音楽に
やたら懐かしがってた一人です。

トマト好きにはたまらないディナーでした。

私は、今朝も「細かわいいにんじん」ポリポリし、「シシリアンルージュ」のガーリックオイルソテーをぺろりといきました。

普段とちょっと違う出演者の姿もよかったね!

  • 2010年06月27日日
  • ko-mi-su
  • 編集
Re:トマトだらけ・・・!!
早速、食卓に並べているあたり、さすがです!
本当、ライブもトマトもよかったですよね。
トマト嫌いじゃなくてよかった(^-^)
結構いますもんね、トマト嫌いな人。
行ってよかったです(^u^)

>おう~
>早くもブログにトマトが。
>こんなにいい写真をいろいろ撮ってたのね。
>
>は~い、すてきな音楽に
>やたら懐かしがってた一人です。
>
>トマト好きにはたまらないディナーでした。
>
>私は、今朝も「細かわいいにんじん」ポリポリし、「シシリアンルージュ」のガーリックオイルソテーをぺろりといきました。
>
>普段とちょっと違う出演者の姿もよかったね!
2010/06/27 14:15

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら